リストラされて介護職に転職したいと考えている方へ

今回は、リストラをキッカケにに、これから介護業界へ入ろうとする方向けに書いてみたいと思います。

サラリーマンの後に介護業界に入った私ならではの情報満載!

できるだけ前向きな気持ちになれるような記事を書いたつもりです!

ぜひご参照ください。

リストラ→介護業界は今や普通

世知辛い世の中になってしまいましたね。

団塊の世代の方が退職を迎え、その次の世代の方が早期退職を迫られ、次の職場どうしようか、年齢制限で職がない、などといった現実が良く見受けられる時代です。

人口は高齢化、日本の人口の3割程度が「高齢者」と呼ばれるカテゴリーに入り、数十年後の日本は「7割が高齢者」という笑うに笑えない状況に…

しかし、ご存知の通り介護業界は人手不足です。

さらに言うと、医療・福祉業界全てにおいて人手が足りない状況です。

今や海外から派遣の研修生がやってくる時代です。

もちろん、リストラされたサラリーマンであっても歓迎されます。

「自分が受け入れてもらえるだろうか」

と、リストラをきっかけに自信を失ってしまった人も多いと思いますが、この点はどうかご安心ください!

介護業界へ はいつでも!

あなたを待っています。

介護施設にはリストラ無し

この前、地元の新聞の社説欄に記載していました。

「サラリーマンにはリストラが待っている、介護施設にはリストラが待っていない」

これは、サラリーマンから介護業界に入ろうと思っている方にとっては魅力的に聞こえるでしょう。

とはいえ、リストラが無いから安易に介護業界に入るのは少々危険だと思いますよ。

以下より、その理由を書いていきたいと思います。

介護業界に入る前に

介護業界に転職をお考えの方にお聞きします。

  • 介護業界で活躍するためには何が必要かご存知でしょうか
  • それを得るためにどうしなければいけないかご存知でしょうか

ゴールはありませんので、この先ご自身がどのようになりたいかで、介護業界で働く、という事が決まります。

ですので、私からアドバイスとして送る言葉は、「転職前にたくさん時間を使ってください」この言葉に尽きます。

転職後に勉強しよう..という考えの方もいらっしゃると思いますが、それは机上の空論で、実際にはできる事ではありません。

介護施設は営業以上に多忙を極めるからです。

本(活字)を読むことが重要

介護に対する知識、スキルは本(活字)から得ることが重要です。

技術というと実技で学ばなければいけないようにも感じますが、活字からでも介護技術は手に入れることはできます。

もし私が、研修生について指導するならば、必ず「介護についてどこまで知ってる?」と質問を投げかけます。

生半可な気持ちで介護を行ってほしくはないという思いもあります。

  • 高齢者について
  • 人間の体について
  • 介護技術について
  • 介護概論について

これらをしっかりと勉強してほしいです。

上記について、誰に質問されても少しでも答えられることが必要です。

ついつい安易に転職先として選ばれがちな介護業界ですが、これだけの勉強が必要になるほど実務が難しい業界なのです。

転職サイトを活用しよう

既にご存知かと思いますが、介護業界は転職が多い業界です。

以下記事でもまとめましたが、転職理由で最も多いのは「人間関係トラブル」です。

介護業界は人間関係で転職する人が多い?その原因と対策方法

 

こういったトラブルの背景には、自分に合った施設にめぐりあえていないという事があるでしょう。

まずは、自己分析を徹底し、自分にはどのような介護や、施設(雰囲気など含めて)に巡り合ってください。

色々不安な事もあるかと思いますが、施設がしっかりしていれば、手厚くフォローしてくれるものです。

 

それでは皆様、よい転職活動を!

この記事を評価する

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
読み込み中...