介護の転職成功ポイント3つ。失敗しないために重要なこと

はじめに

私は介護業界で転職2回を経験した事があります。

理由は賃金、就業時間、その他色々です。

転職活動の時にいつも「後悔だけはしたくない」という信念を持って行動してきた事が良かったのか、結果的に今の職場では満足できる待遇で働くことが出来ています。

介護転職成功者の一人、といったら大げさかもしれませんが..自分ではそう思っています。

私の経験がこれから転職しようとしている方の参考になれば‥と思い、今回は記事としてまとめてみました。

実体験で得た知識を元に書いているので、かなり参考になると思います。

転職は誰もが不安です

人は誰でも転職に対して不安感を抱いていると思います。

分かります‥私もそうでした。

しかし、あまり悲観的にならない事も転職で失敗しないために必要です。

以下より、私が経験を元に後悔しないための重要なポイントを3つ紹介しますので、どうぞご参考になさって下さい。

ポイント1 介護求人サイトを使う

これから介護業界で転職を探すのであれば、絶対に介護求人サイトを使うべきです。

既にハローワークで就職先を探している方もいらっしゃると思いますが、ハローワークの職員は「介護業界」の素人なので、あなたのスキルを正しく理解し、その上で適した職場を紹介してくれるとは限りません。

雑多に集められた募集中リストをあなたに提示し、「どれにしますか?」と言うだけです。

あなたが転職で本当に後悔したくないと考えているのなら、一旦ハローワークという選択肢を除きましょう。

最も効率よく、かつあなたのスキルに基づいた職場を選ぶのであれば介護求人サイトをうまく利用する事が重要です。

介護求人サイトを使うべき理由

介護求人サイトは案件の数が膨大なのに加え、「介護求人サイト」であれば、あなたのスキルに基づいた施設を提案してくれます。

一人一人に担当が付くので、困ったり悩んだらした時相談に乗ってくれます。

ハローワークでも相談すれば話を聞いてもらえると思いますが、「介護福祉士の資格を取りたいが、まずは介護ヘルパーを、目指すべきか。それに適した職場はあるか」という質問に、ハローワークの職員は答えられるでしょうか。

同じ質問を過去に介護求人サイトの担当者に話したことがありますが、120パーセントの回答と、最適な職場を提案してくれた事を覚えています。

そして、その紹介された職場で今も働いています。

この対応力、案件の豊富さが、介護求人サイトを使うべき最も大きな理由です。

介護求人サイトを情報集めの1つと割り切っても良い

介護求人サイトに登録し、サポートしてもらう‥というと、「そのサイトから就職をしなければいけない」と思い込んで一歩引いてしまう人がいます。

大丈夫です。

就職はあくまで自分の意志ですので、自分の注目している施設の情報を引き出して役に立てるという使い方も多いに「アリ」です。

私は3つの介護求人サイトを使って情報を集めました。

転職で後悔しないためには情報量と、その質がとても大切です。

肝に命じておいてください。

担当者との繋がりが重要

担当者とは長い付き合いができるかもしれません。

ハローワークの職員とほ就職したらそれで終わりですが、介護求人サイトの担当者とは就職後も連絡を取れます。

いざという時に就職活動をフライングしてスタートしたり、現職の不満を共有して、他の職場との比較情報を教えてもらったり‥。

利用者にとってはメリットしかありません。

担当者によっては、こっそりと裏案件(まだ一般公開されていない案件)を回して貰える事もあるので、良い関係を築く事は非常に重要です。

サイトをうまく活用し、担当を味方につけ、失敗しない転職活動を始めましょう。

ポイント2 面接前に施設を見学する

これは特に、初めて介護業界に転職する方にぜひ留めておいてほしいポイントです。

面接する前に1件施設見学して下さい。

ボランティアでも構いません。

見学する事で、実際の施設の業務、現場を知ることが出来ます。

施設によって業務方法、いわゆる「やり方」は違いますよね。

介護→介護と転職した方にも言えることですが、就職したらその施設のやり方に自分を合わせなければいけません。

何も情報得ないで就職すると、1か月で様々な理由により「後悔した、失敗した」といえるような気分を味わいかねません。

  1. 仲間を知る
  2. 現場を知る
  3. 己を知る

この三拍子が重要です。

前述の「介護求人サイト」で、自分が働きたい施設を絞り込んだら、次のステップとして「施設見学」をぜひ行う事をオススメします。

ポイント3 介護福祉士を目指せる職場を選ぶ

介護を一生の仕事とするのであれば、介護福祉士を目指していくことが重要不可欠です。

介護福祉士はしっかりと実務経験と知識を習得していないと取得出来ないので、働きながら自らの技術や知識を高めることができるか、その点を重視して転職活動を行いましょう。

記録物作成業務がある職場か

介護福祉士を目指すのであれば、介護技術やテクニックだけでなく、記録物の記載、文章作成の機会がある職場で働いた方が有利です。

言葉の使い方や漢字が苦手な方も多いと思いますが、介護業界では報・連・相の報告、連絡が非常に重要です。

併せて、利用者の日々の生活を記録に残さなければいけません。

もちろん、介護福祉士の試験問題で記録物に対する問題は出題されます。

「書く」技術は日々の積み重ねで少しづつ上達していくものだと思うので、そもそも「書く」習慣が業務に組み込まれていない場合は上達が期待できず、試験でもこの部分が大きな壁になってしまうでしょう。

なので、転職先を探すのであれば「記録物を作成する業務があるか」という点も調べてみて下さい。

 

最後に、転職先で成功することは先のことを考え「介護福祉士」を目指して長く仕事をして言う事です。明るい未来を目指すために、上記に記載した3つのポイントを押さえて転職に臨んでほしいものです。

まとめ

まとめると、介護の転職で失敗したり、後悔しないために大切なポイントは、以下の3つです。

  1. 介護求人サイトを使う
  2. 面接前に施設を見学する
  3. 介護福祉士を目指せる職場を選ぶ

事実、私は上記ポイントを押さえることで満足できる転職先を見つけることが出来ました。

このサイトに掲載されている転職体験談もリアルで非常に役立つので、ぜひ色々な方向にアンテナを張りながら、最高の職場を手に入れてください。

介護業界は待遇面で恵まれないと言われますが、手当がしっかり付けばかなり待遇改善出来ますよ。

資格を取得しながらどんどんキャリアアップしていきましょう!

資格があれば有利に転職できます

以下の資格の内、いずれかをお持ちではないですか?

  • ヘルパー2級
  • ヘルパー1級
  • 介護職員初任者研修
  • 実務者研修
  • 介護職員基礎研修 介護福祉士
  • 社会福祉士
  • 介護支援専門員(ケアマネージャー)
  • 理学療法士 作業療法士
  • 言語聴覚士
  • 管理栄養士
  • はり師
  • きゅう師
  • あん摩マッサージ指圧師
  • 柔道整復師

介護関連の資格保有者は即戦力の優秀な人材なので、求人サイトを使えば「高待遇」「好条件」の優良求人案件を紹介してもらえます。

年齢やブランクなどのハンディがあっても、無資格者より有利な条件で転職できます。

介護関連資格を既にお持ちの方で、今現在の職場に少しでも不満があるのであれば、転職を前向きに考えてみてはいかがでしょうか。

おすすめ求人サイト

この記事を評価する

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
読み込み中...