介護転職の履歴書、自己PRの書き方・採用される3つのコツ

履歴書の中でも書くのが難しい「自己PR」について、私自身が面接官としてたくさんの志願者を見てきた経験から、心に響く書き方などをご紹介します。
介護業界への転職・就職の際の参考資料にぜひご活用ください。

介護職に限らず「履歴書を書く」という行為はとくかく辛いものです。

履歴書を書くのが得意、なんて人は僕の身近には一人もいません。

ただ、目の前に就職がぶら下がっている、という気になれば、きれいな字を駆使してまじめに書き上げることだと思います。

今回は、履歴書の中でも鬼門となる「自己PR」について、

  1. 自己PRに何を書けばよいのか
  2. どうすれば採用されるような書き方ができるか

といった悩みを、3つのポイントとしてご紹介します。

根拠を書く

履歴書には、介護職で何をしたいのか、なぜしたいのか、その根拠を書きましょう。

例えば以下のように書きます。

「私は、介護職で〇〇をしたい。それは、〇〇だからです。」

どの業界でもそうですが、自分がこの業界に入って何をしたいのか、なぜしたいのか、このPRは絶対に採用につながるといえます。

特に介護はチームで動いているように見えて、実際は「自分で考えて動く」事を求められるので、自己PRではこの点に自信がある事を強調しましょう。

  • 相手はどんな状況か
  • どんな状態か

こういった状況判断を主体的にした上で介護を行い、

  • なぜその介護技術が必要だと思うか
  • なぜその介護技術を取り入れたのか
  • なぜその介護を行なったか

といった質問をされても応えられるよう、根拠に基づいた適切な介護を常に求められます。

なので、自己PRにおいても、しっかりと

「何故この仕事を選んだのか」

「何故この介護技術を身につけたのか」

といった事を具体的かつ論理的に書くことができれば、面接官は「この人なら大丈夫そうだな」と感じるわけです。

もちろん介護技術などのテクニカルな部分だけに限らず、

  • 主任になりたい
  • 責任強く利用者とかかわりたい

といった、将来のビジョンを描く場合でも、「なぜそうしたいのか」という根拠となる部分をしっかりと文字数を割いて書くようにしましょう。

また、根拠がしっかりしていれば、面接の受け答えにも強くなれるので一石二鳥です。

誤字脱字に注意する

履歴書を書く上で、誤字脱字は厳禁です。

なぜなら、介護職は記録物を作成する業務が多く、加えてその重要度も高いからです。

例えば、日々の利用者の生活状況、身体状況をありのまま、毎日証拠として書き残さなくてはいけません。

また、介護施設は介護従事者だけが勤労している場ではありません。

医療従事者も存在します。

つまり、利用者の記録が改ざん厳禁の「カルテ」にもなるという事です。

改ざんがあれば法律で罰せられる対象になりますので、虚偽はもってのほかですが、誤字・脱字も大きなリスクを伴います。

だから、履歴書の誤字脱字は絶対に避けなくてはいけないのです。

面接官は記録物を作成する能力も履歴書から読み取ることができます。

誤字脱字や間違った言い回しが多い履歴書であれば、「かなり不安な人材だ」と認識されるのは自明であり、普通はそのまま不採用という形になってしまいます。

細心の注意を払いましょう。

熱意を伝える

最後に、自己PRを書く上で絶対に外してはいけないポイントをご紹介します。

それは「自分の熱意を伝える」という事です。

  • なぜ介護を希望するのか
  • 転職先でなぜ当施設を希望するのか
  • やりたいことは何か

この先自分が介護者として何をしたいのか、自分はどういう介護者でいたいのか。

こういった事を、難しい言い回しは不要なので熱意を込めて書くようにしましょう。

まとめ

まとめると、自己PRで必要なのは以下の3つとなりました。

  • 根拠を書く
  • 誤字脱字に気をつける
  • 熱意を伝える

書けそうな気がしてきましたか?

履歴書からすでに仕事は始まっていると思ってください。

しっかりと内容を詰め込んで、面接官を「おぉっ」と言わせましょう。

この記事を評価する

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
読み込み中...