介護の転職で土日休みを希望するのは無理?実現する方法

この記事を読んでいる方の多くはすでに介護業界で働かれている方だと思います。

そういった方には当たり前のことを書いてしまうかもしれませんが、これから介護業界に入ろうとしている方も多いと思うので、まずは今の介護業界の現実について書いてみます。

介護業界の現実〜土日出勤当たり前〜

基本的に介護業界に入った時点で土日休みは無い、ということは覚悟しなければいけません。

あと、有給休暇は取れないと思ったほうが良いですし、祝日も基本無しです。

もしあなたがこれまで土日祝休日で働いてたのであれば、かなりキツイ環境の変化かもしれません。

あと、介護業界、医療・福祉業界は基本的に労働時間はシフト制です。

日が暮れたら帰る..そんな習慣は早く捨てましょう。

祝日が休みの施設はありますが

「この祝日は行事があるのでもちろん出勤してください」

と、この一言で休日出勤が決定します。

..厳しい業界ですよね、介護って。

逆にこういった事が別に気にならないという方はこの業界に適正があるとも言えます。

‥と、まぁ介護業界の現実を語ったわけですが、以上は「基本的には」という話。

業界には色々な形態の施設がありますので、全ての施設で土日祝の休みが無い、というわけではありません。

介護業界であっても、土日休む方法はあります。

介護業界で土日休を実現する方法

では、土日に休める介護施設について詳しくお話します。

  • 特別養護老人ホーム
  • サービス付き高齢者住宅(サ高住と呼ばれるマンション)
  • グループホーム
  • 特別養護老人ホームみたいな従来型グループホーム

これらの施設では面接の際に希望休を聞かれますので、そもそも少しは休みの融通が利くとは思います。

施設によって決まりは様々なので一概には言えませんが。

しかし、それでも毎週土日休みは基本的に断られたり拒否されます。

職員になって役職に就けば可能な場合も多いですが..少なくとも入社数年では無理でしょう。

それでも、土日休みを実現する方法が無いわけではありません。

ズバリ、夜勤業務を利用する方法です。

介護業界やシフトで従事する者は、週7日で計算すると、

  • 大体3日勤務の1休み
  • 2日勤務の1休み

というローテーションでシフトを運営する方が多いと思います。

夜勤は基本的にシフトになりますが、それと曜日のリズムが合えば土日休となります。

それで自然平日休が多くなるわけですが、そんな中でも利用者との関係性で土日休みを頂くこともできる可能性があります。

木曜日に夜勤業務を入れるとすると土日休みを頂くことができます(確実ではありませんが)。

実際には入浴日のタイミング等も関係してくると思いますが、特に少数精鋭の忙しくない施設であれば、

こういった状況を利用することで土日休みも現実となります。

土日休みにこだわるならデイサービスへの転職がおすすめ

今回は介護施設で土日休を実現する方法を中心に書いてみましたが、土日休みにこだわるのであれば施設介護を避け、

「デイサービス」への転職を選ぶのもオススメです。

介護サービス要さない施設であれば、ある程度休日に融通は利くと思います。

特に、デイサービスは平日が主流なので、土日休は実現させやすいです。

土曜日は隔週でという事がありますので、基本的に平日勤務と思っていただいてもよろしいかと思います。

土日休にこだわりすぎない事も大切

介護業界は基本的に365日運営です。

正月休みも、12月31日も普通は出勤。

で、夜勤なんて言うのは当たり前の業界です。

なので、この業界で働くのであれば、ある程度妥協する事も大切です。

「年明け初日に家族と過ごせないなんてありえない」

「実家に帰省できないなんてありえない!」

なんて言って怒らずに、

「利用者と接していくために介護業界を希望したのでシフト制で頑張っていこう」

という気持ちを持って転職に臨んだ方が、就職先からも評価されやすくなるので良い結果になるかもしれませんよ。

ま、それでも土日..休みたいですよね笑

この記事を評価する

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
読み込み中...