本記事では、いろいろな悩みが原因で「介護の転職は難しい」と感じている方に向けて、転職についての考え方やテクニックをご紹介したいと思います。 具体的なアドバイスを、3つに絞って簡潔にご紹介していますので、ぜひ転職の際の参考資料としてご活用ください。 ">

介護の転職が難しいと感じている人へ。3つのアドバイス

本記事では、いろいろな悩みが原因で「介護の転職は難しい」と感じている方に向けて、転職についての考え方やテクニックをご紹介したいと思います。

具体的なアドバイスを、3つに絞って簡潔にご紹介していますので、ぜひ転職の際の参考資料としてご活用ください。

環境を変えたいなら動くしかない

転職は人生の岐路に立つわけですから、簡単に決断に踏み切れない方が多いかと思います。

私も転職という大きな岐路に立った経験を持つ人間の一人です。

入所型から通所型への転職など、環境の変化が大きい場合は特に不安も大きくなるでしょう。

また、人間関係はうまくやっていけるのかどうなのか心配になると思います。

お給料や休日については求人情報に書いてありますが、良好な人間関係を構築できるかどうかは入ってみないと分かりませんからね。

しかし、悩んでいても転職はできません。

悩みを0にしようとしても無理ですが、環境を変えたいならそんな中でも思い切って動くしかありません。

ポイント1 介護技術に悩まない

転職前に、

  1. 介護技術
  2. 人間関係
  3. シフト
  4. 賃金

以上のような悩みを抱え動けなくなっていませんか?

シフトや賃金などの待遇面の不安は募集要項をしっかり見れば分かることなので、時間をかければ不安を払拭できるでしょう。

一方、人間関係は正直就職してみないと完全には分からないので運も必要ですね。

では、「介護技術」はどうでしょうか。

転職と同時に通信講座で資格(ホームヘルパー1.2級)を取得される方がいるかと思いますが、そういった経験が無いとかなり不安になりますよね。

「介護技術がなくても自分はやっていけるんだろうか」と悩んでしまうのは自然な事だと思います。

しかし、過剰な心配は不要です。

介護技術は日々実務を通して磨いていくものだと面接官も良く分かっています。

  1. 練習
  2. 実践
  3. 振り返り

このサイクルを繰り返し、徐々に習得していくもの。

介護技術の習得に対して意欲を見せることは大切ですが、転職前からあまりネガティブに考えなくても大丈夫です。

ポイント2 一人で抱え込まない

介護業界は職員一人が数多くの業務に当たる事も多いため、介護→介護の転職を考えていても、人によっては「一人で抱え込まなければいけない」と思い込んでしまいがちです。

しかし、介護施設は個人の業務だけでは成り立ちません。

チームワーク・連携があっての介護施設です。

一人の悩みだと抱え込まずに、仲間に相談しながら情報を共有し、前向きに転職活動に当たって欲しいと思います。

相談しにくい場合は介護転職サイト(求人サイト)に登録して、プロの担当者に相談するのがベストでしょう。

具体的かつ転職に向けた具体的なアドバイスをして下さいます。

ポイント3 日々勉強する

介護業界は専門職ですので、日々勉強する事は必要です。

介護の転職前からしっかりと勉強し、転職後も継続して知識と技術を積み重ねていきましょう。

この努力は、最終的に介護福祉士への受験資格を得る事にも繋がっていきます。

専門用語が多い介護業界。

難しい医療用語を少なからず覚えなくてはいけません。

しかし、医療用語を多く覚えることで、利用者の日々の状態を把握しやすくなったり、情報の伝達が効率化されミスが減ったりします。

転職においても、履歴書の自己PRや面接において自分の知っている知識をアピールできれば、向学意欲が高いと評価されることでしょう。

何より、しっかりと知識を積み重ねることによって自信が付くようになることが大きいですね。

自信が付けば、もう「転職が難しい」と悩むことはなくなるでしょう。

まずは、自分にとって読みやすいと感じる専門書を探してみるところから始めてみてください。

この記事を評価する

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
読み込み中...