40代の介護転職を成功させるために大切なこと。リスクを最小にする方法

介護業界に就職する40代が増えています。

20代の頃は転職をポジティブに考えていても、30代になるとリスクを感じるようになり、40代になるとさらに危機意識が高まりますよね。

30代の転職については以下記事にてまとめていますので、こちらをご参照下さい。

30代の介護転職について。後悔しないコツと職場の探し方

 

今回は「40歳以降の介護転職を成功させる方法」というちょっとコアなテーマで記事を書いてみました。

ぜひご参照下さい。

40代の介護転職を成功させる方法

入念に就職先調査をする

40代の方は、入念な施設の調査を心がけてください。

まず、就職したいと考えている施設を絞り込んでから、その施設を入念に吟味しましょう。

  1. 法人、民営企業どちらを目指すか
  2. スキルを生かせる職場なのか
  3. 交通、給与、賞与は?

などなど、様々なことを研究してください。

所帯を持つ方、子供がいる方は、各種手当や保険制度についてもよく調べましょう。

会社の資料が手に入るのであればそれに目を通しても良いですし、口コミサイトなどネットの情報を徹底して集めます。

企業サイトの会社概要や沿革、スタッフブログに目を通すのも重要です。

こういった事前調査を面倒に感じるかもしれませんが、それなりにメリットは多いです。

以下、いくつかメリットを列挙します。

  1. 企業イメージが具体化するので、入社後に「思ったのと違った」となるリスクを抑えられる
  2. 面接の受け答えに強くなる
  3. 自信がつくので安心感を得られる

個人的には、特に(3)の意義が大きいと感じています。

不安がつきものの40代の介護転職。

じっとしていては不安感に押しつぶされそうになりますよね(私はそうでした)。

だからこそ、調査する作業に没頭し頭を働かせることで、自信をつけて精神的な安心感を獲得すべきだと思います。

面接でしっかりと調べた事を生かして、40代らしく「できる男」と面接官に見られるように努力しましょう。

介護求人サイトを利用する

ここまで「情報を得ることが大切」という事を中心にお話ししてきましたが、紙媒体や口コミサイト、企業サイトから情報を得るだけでは決定的に不十分です。

ハローワークには求人募集程度の情報しかありません。

そこで、あなたの力になるのが介護求人サイトです。

特に介護求人サイトを利用するのがおススメです。

登録は無料ですが専属の担当者が転職活動をフォローしてくれます。

彼らは膨大な顧客(施設)の生のデータを所持している上に、データ化された企業の評判や、入所者のリアルな感想を得ています。

そこにはネットサーフィン程度ではとても得られないようなリアルな実情が反映されていますので、かならず2〜3社登録しておくようにしましょう。

また、担当に30代の転職で悩んでいると打ち明ければ、モチベーションが上がる話をしてくれたり、具体的な転職アドバイスを受ける事もできます。

希望に近い、色々な施設を提案してくれます。

登録利用料は無料なので、リスク0で今すぐ始められます。

40代の転職は人生の大きなターニングポイント。

後悔してからでは遅いので、積極的に介護求人サイトを活用して、自分が心の底から納得できる施設と出会いましょう。

この記事を評価する

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
読み込み中...