介護転職の流れを分かりやすく解説。退職から入社までまとめました

この記事では、介護業界で働いていてこれから転職をしようと考えている方向けに、退職してから転職するまでの一通りの流れをご紹介しています。

私の体験談を基にわかりやすく解説していきますので、ぜひご参照ください。

退職のタイミングについて

まずは、退職のタイミングについて考えてみましょう。

適切な退職タイミングとしては

  1. 退職は1か月前
  2. 次のシフトが出る前

この2つを満たすのがベストです。

介護業界の勤務体系はシフト制の365日で回っています(施設の業態によって異なりますが)。

月初から月末まで平日週5で運営される事は滅多にありませんよね。

こういった状況下であれば、退職の適切なタイミングを定めるとすれば「新しいシフトが出る前」がベストとなるわけです。

シフトが出てしまってからの申し出は、同僚、上長、施設全体に迷惑をかけてしまいますので避けるべきです。

具体的には人員配置に欠陥が出る事により迷惑をかけてしまいます。

退職日は、その月の自分のシフトの出勤最終日に定めましょう。

辞めるからといって他人に迷惑をかかるのもお構いなし、という態度では今後いろいろな面で損をすることになるので改めましょう。

ハローワークか介護転職サイトか

退職後はハローワークを頼るのか、介護求人サイトを使用するか見極める必要があります。

まずは転職するには情報収集が必要になりますが、これは特に介護業界において非常に重要な作業と言えます。

具体的にはどのような情報を収集する必要があるのか以下に列挙してみました。

  • 業務時間
  • 業務形態
  • 給与
  • 賞与の有無
  • 休暇の扱い方
  • 企業、施設概要
  • 資格の取得の可否
  • 離職率
  • 在職者のフィードバック

まだまだありますが、上記に挙げた点をすべて網羅できる人は完璧ともいえるでしょう。

介護転職サイトを活用しよう

ちなみに私は介護転職サイトを利用しました。

  • 必要な情報がリアルタイムで手に入る
  • 担当者が付くので親身になって最後までお手伝いをしていただける
  • 利用料が完全に無料だった

といった点が主な理由です。

  • 離職率
  • 在職者のフィードバック

といった情報はハローワークでは絶対に手に入らないので、非常に有益でした。

こういったサイトを活用しない理由は全く無いと言っても過言ではありません。

ハローワークも悪くはない

自分の実体験から、どうしても介護転職サイトを推奨してしまうのですが..

何もハローワークが悪いわけではありません。

しかし、ハローワークは公的機関なので皆さんが利用します。

月に何千、何万の方が利用するので、一人に割ける時間があまりないというのが実情です。

それでも無料で介護求人を集められるサービスなのは間違いないので、利用しておいて損があるわけではありません。

使えるものは何でも積極的に使っていきましょう。

転職先の施設を決定する

介護転職サイトへの登録を済ませ、準備が整ったら施設を絞り込んでいきましょう。

この時、漫然と「介護」という大きなくくりで転職先を探すのは非効率です。

  • 退職後に何をしたいのか
  • どこで働きたいか

といった事を自問自答し、

デイサービスにするのか、入所型にするのか、大まかに決めることが重要です。

自分の正確や適正を自己分析しながら進路を定めれば、かなり選択肢が絞り込めるので効率よく転職先を探すことができます。

自分にとって最もメリットが大きい施設を選びましょう。

面接の日取りを決める

入所したいと思った施設が見つかったら、面接を申し込みます。

その際、面接日は必ず自分の希望を伝えましょう。

自分で面接日をコントロールすることで、同時に2つ、3つと同時に面接を申し込むことができるようになります。

また、面接の日にいきなり他の施設から連絡を受けてしまう、という事故を未然に防ぐ事にも繋がります。

希望日を受け入れてくれない施設も稀にあるでしょう。

そういった施設は受けないほうが良いです。

経験上、このような施設は職員の事情を頭に入れず行動する傾向があると言えます。

「職員は動いてなんぼ」

なんて言い方が悪いですが、そのような考え方の施設が多くみられます。

例えば、この手の施設で働いていた方の実体験で例えるならば、

  • 家庭を見れない
  • 自分の時間が取れない
  • 休みが無い
  • 親の最後を看取れない

という事が実際にありました。

また、このような施設はうまく運営が行われていない状況だったので、経営状況も悪かったです。

まさに悪循環ですね。

「自分の意見が伝わるか」

ただこれだけのことですが、転職先を試す意味でも非常に意義があることなので、ぜひ実践してみてください。

さいごに

就職、転職を希望する方にとって一番重要な事は何か。

私は「退職後の時間の過ごし方」だと思います。

自己分析
求人サイトの登録
進路の絞り込み
施設の調査

やることは山積みです。

こういったアクションは、退職を希望するところから開始している、とも言えます。

時間を有効に使って、就職活動を行って下さい。

この記事を評価する

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
読み込み中...