介護の仕事が辛いと感じる方へ。体を壊す前に読んでほしい

介護の仕事は基本的に肉体、精神的に辛いものです。

しかし、その程度は施設や運営会社によってかなり違いがあるのです。

今の職場があまりにも辛いと感じている場合や、健康に支障が起こりつつある方はぜひご一読ください。

 

辛い介護を我慢していませんか

介護業界に入った時点である程度介護の厳しさは覚悟できていたと思いますが、実際の現場には想像を超えた厳しさがありますよね。

それでも「辛いけど、他の施設の人も同じように辛いんだから、頑張ろう」という考えになりがちです。

しかし、実は他の施設と比べて、今の施設の方が大変、と言うことはよくあるのです。

大切なのは他の施設の現状を知ること、そして我慢しすぎないことです。

介護 辛い はSOSサイン

「最近介護の仕事が辛いな‥」

そう感じるようになったら、それは体があなたに出しているSOS信号だと考えた方が良いでしょう。

自分では気がつかないうちに、体へのダメージが進行している場合もあるのです。

精神的に辛いと感じている場合は、うつ病へと進行する場合があります。

肉体的に辛いと感じている場合は、腰痛が進行してヘルニアを発症するケースもあります。

ヘルニアになるとこれまでのような介護が難しくなるのでかなり仕事が制限されます。

うつ病もヘルニアも、重症化した場合は現場での仕事が不可能になります。

一刻も早く体のSOS信号に気づき、早く予防策を取ることが重要なのです。

職場比較から始めよう

現状をそのまま放置して症状を悪化させないために、まずは自分の職場と他の職場を比較しなくてはいけません。

とは言え、ハローワークにわざわざ通うのは大変ですよね。

今はネット上で簡単に求人情報が手に入る時代ですから、まずは検索してみることから始めましょう。

現在介護の資格を持っている人は、介護業界専門の求人サイトを活用しましょう。

どの求人サイトも有資格者を積極的に募集しており、表に出ていない求人情報を紹介してくれるなど多くのメリットがあります。

相談すると心が軽くなる

求人サイトのメリットをもう1つ。

介護が辛い、と感じている方は一人で問題を抱え込んでいる場合が多いです。

まずは誰かに相談してみましょう。

求人サイトは無料のサービスですが、登録すると介護業界に精通したプロのコーディネーターが担当者として付いてくれます。

悩みを打ち明ければ、きっと親身になって話を聞いてくれるはずです。

具体的なアドバイスや、データに基づいた対処方法を提供してもらえる場合もあります。

次に一歩進むためのリハビリだと考えて、こういったサービスを積極的に活用してみる事をおすすめします。

転職成功例

同じく、今の介護が辛いという理由から転職を行い、待遇の改善に成功した例をいくつかご紹介します。

  1. 介護は施設が合わなければ転職すべき。上司と対立し退職した体験談
  2. 介護の腰痛は転職で治った!施設によって労働負担は全然違う
  3. 病院介護は大変。半年で辞めた理由と転職して変わった事全て話すよ
  4. 辛い病院介護から転職したら給料5万増えた。施設変えただけ
  5. 病院介護からデイサービスに転職。高待遇より充実感を求めて

みなさん、給料面や労働の過酷さといった様々な理由から転職され、納得いく待遇改善に成功しています。

ぜひ参考に御覧ください。

この記事を評価する

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
読み込み中...