サラリーマンから介護業界に転職した体験談

私はサラリーマン(営業職)として5年務めた後に介護の世界に入りました。

この記事では、転職のきっかけや、転職によって得たスキルなどについて書いてみたいと思います。

私のように未経験でサラリーマンから介護士を目指す人はぜひご参照ください。

介護業界への転職が増えています

現職の筆者として、転職の魅力はどこにあるのか、いまだに答えが見つかりません。

現に、転職者の中で意外と多いのが前職はサラリーマン、管理職、接客業でした、という方が多いようです。

毎年の統計でみると、医療・福祉業界に約1000人程度の転職者が入職していようです。

私の前職について

前述の通り、私の前職は営業技術職のサラリーマンでした。

その内容は、現場常駐という、工事現場、建設現場に関わる仕事に営業を足していく仕事でした。

卒業した大学が建設現場と縁もゆかりもない大学でしたので、全くの素人からのスタートで、色々苦労したことを覚えています。

その私が、福祉業界に飛び込み専門学校まで卒業し、介護福祉士を取得し、今は介護ライターをしているわけですから人生何があるのか不思議です。

福祉業界に転職した理由

では、何故私が業界に転身したのかお話します。

大学時代からサラリーマン時代まで、私は「市のトイレ調査」なるものを始めました。

地下鉄駅に障がい者用トイレがどれだけ設置されているのか、都市の地下鉄路線全駅を巡り、写真に収めたものをHPに起こし、写真を貼り、説明を加えていったのです。

後に障がい者の方と手を組み、新聞社、交通局とも手を組み、再調査を始め、データと参考に残していきました。

そういった繋がりで、障がい者の方、社会福祉協議会の方に卒業後に声をかけていただき、専門学校を紹介してもらい、脱サラを決めました。

これが、私が福祉業界に飛び込んだきっかけであり、一連の流れです。

結構変わってるでしょ?

ひょんな事がきっかけになるよね

何でもそうだと思いますが、物事を始める場合には「きっかけ」が非常に大事だと思っています。

そうでなければ、何も始まらないからです。

学生時代にトイレ調査を始めるまで、福祉に対するイメージはそれまで全く持ったことがありませんでした。

というか、勉強・アルバイト・遊びに忙しい大学生の時分に、福祉のイメージを持てと言われても難しいでしょう。

介護業界は方々から「人手が足りない!」という声が上がる人材不足の業界ですが、後に介護に自然につながっていくような「きっかけ」が教育現場にもっと取り入れられていくと良いのではないかと個人的には思います。

福祉業界に転職して得たもの

転職して得たものは色々とありますが、強いて1つ上げるなら「根拠をつかむスキル」だと思います。

  • 何故その人の介護をするようになったのか。
  • 何故、そのような介護技術をするようになったのか。
  • 何故、その人に接するようになったのか

といった「なぜ」に対して、理由と根拠を持つ癖をつかむようになりました。

そして、そのことを口に出して言える(アウトプット)できるようになるためのスキルも少しづつ会得しました。

根拠を理解することとアウトプットすることは技術が異なるので、一致させるのはコツがいるんですよね。

ちなみに、なぜ根拠をつかむスキルが身についたのかといえば、介護業界は常に介護福祉士に「なぜ?」を問う業界だからです。

この点について詳しくは以下記事で語っていますので、よろしければご参照ください。

【関連記事】介護転職の履歴書、自己PRの書き方・採用される3つのコツ

最後に

もし、この記事を読んでいる方で「他業種から介護に入りたいけど不安だ」と感じている方がいたら、一言送りたいメッセージがあります。

介護業界で働く上で「どの業界から転職するか、ということは関係ない」ということです。

介護業界から介護業界へと同業種転職した人は、未経験者と比べると知識とスキルは多いでしょうが、こういった人はほんの一握りです。

時分に経験が無いことをマイナスに捉えすぎる必要はありませんので、どうか自信を持ってください。

恐れずにサラリーマンから転職してきてください。

 

以上、私の体験談でした。

この記事を評価する

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
読み込み中...