障害者介護施設に転職したら手取り給料が増えた!実体験です

転職して分かった、手当の重要性

私は2年前、特別養護老人ホームから障がい者の介護施設へ転職をしました。

仕事自体は同じ介護職員なので大きくは変わりませんが、様々な手当がアップしたお陰で、月給の大幅アップに成功しました。

今回は、そんな転職と手当の事を中心に書いてみますね。

夜間手当について

まず夜勤手当についてです。

特養時代は一回の夜勤で4000円もらえ、月に4回の夜勤で16,000円でした。

皆様の施設ではどうでしょうか?

正直、この金額で僕は「結構もらえるな?」と満足していたのですが‥

現在の施設では、なんと一回の夜勤で6000円もらえるやうになりました!

2000円アップは結構大きいです。

同じ4回の夜勤でも24,000円と、月間8,000円の差があります。

年間で見ると、夜勤手当のみで年間96,000円もの差があるわけです。

同じ仕事をしているのに‥です!

手当の中でも、特に夜間手当は年収への影響が大きいので、もし今1回4000円も貰えていないのであれば転職した方がいいです。

介護職員処遇改善手当は施設によって金額のムラがかなりある

転職して初めて知ったのですが、職場によって手当はかなり違ってきます。

現在の職場では、「介護職員処遇改善手当」という手当が介護職員の人数×13,000円入る仕組みになっています。

ただし、これは施設側が国から受け取るお金なので注意してください。

この制度で施設が得たお金は、施設が自由に扱うことができるのです。

ここで、施設毎の本性が出てきます。

13,000円をそのまま給与に上乗せしてくれる、超最高の施設もありますし、

私が以前働いていた特養のように、3,000円しかもらうことのできない施設もあります。

 

‥ちなみに現在の施設では10,000円もらえています。

僕の場合、以前の施設よりも7,000円も多くなりました。

これも年間で考えるとかなりの差になります。

しっかりと手当を従業員にお金で還元してくれる施設は、経済的に余裕があり良心的だと思います。

転職する際は、よ?く注意しておいた方が良いですよ!

資格手当、貰えてますか?

現在の職場では、「資格手当」がもらえるようになりました。

「介護福祉士」と「社会福祉士」を持っている私は8,000円の資格手当がもらえます。

他の施設の人から聞いた話だと、同じ資格を持っていても手当が1000円しか付かない‥という人もいるので、これも転職する際に注意したいポイントですね。

細かな手当もチリも積もれば何とやら

他にも、僕の場合は「住宅手当」「通勤手当」などの細かな手当も増加しました。

こういった手当も、あるのかないのかは大きな違いです。

転職して手取りが7万増えました

そんなわけで、以前の特養では手取りの給与額が約160,000円だったのに対し、今の施設では手取り235,000円いただけるようになりました。

以前と仕事内容がほぼ変わらずこれだけ給料が上がったので、満足しています。

給与は働く上でも重要なポイントの一つです。

基本的な給与も大切ですが、様々な手当にも着目して、より良い条件の場所で働くようにしましょう!

あと、手当がちゃんと付くとモチベーションが上がります。

「会社はちゃんと自分を見ている、評価している」と感じますね。

今はもっと資格を増やして、さらに手当がもらえるよう頑張っています。

今回の記事が皆様のお役に立てば幸いです。

この記事を評価する

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
読み込み中...