老人ホームからグループホームに転職したら人間らしくなれた

前職 介護付き有料老人ホームについて

私の介護体験の感想や、待遇面の変化などを書いてみたいと思います。

まずは前職の介護付き有料老人ホームの事をお話しします。

私が働いた介護付き有料老人ホームは

  • 早番
  • 日勤
  • 遅番
  • 夜勤

の四交代制で、それぞれ役割と行うべき業務の時間がきっちり決まっており、

業務に書いてあること以外はしないようにという徹底ぶりでした。

マニュアル通りのことをすればよかったので残業はほぼありませんでしたし、混合型の有料老人ホームだったので認知症のある人からない人、自立から要介護5まで様々な人が入所されており、介護士としてはとても勉強になる施設でした。

しかし、

  • 給料が安い(16万)
  • 職場が山の上なので大変
  • 夜勤が非常に多い
  • スタッフが少ないので仕事量が多い

という不満点があり、転職を決意しました。

その際、全てが解決できる職場を探すのは無理だと分かっていたので、少なくとも上記の項目のうち2つ以上が解決する職場に転職しようと決め、ネットの介護職専用の転職先斡旋サイトを使って転職活動をスタートしました。

転職してグループホームへ

前の有料老人ホームも悪くはありませんでしたが、少人数のところでもう少し利用者様と密接に関わりたいと思ったのでグループホームに転職をしました。

複合型施設だったので、デイサービスや訪問介護ステーションなども併設されており、お互いに助け合いができました。

月毎のイベントや日々のレクリエーションが多く、食事の準備を利用者様と一緒に行ったりして、まさに希望通りの仕事をすることができました。

居室担当の利用者様を数名もつことで、ケアマネと一緒にどうしたらよりよい生活を送ってもらえるようになるかを考えることもでき、利用者様と一対一で向き合えることができました。

また、給与面も改善されました。

ちゃんと皆勤手当てや処遇改善金も出ましたし、ボーナスも年2回もらえるようになったので有難いです。

転職までの流れ

私は前職にいながら転職活動を開始したので、退職後はスムーズに次の会社に入る事ができました。

具体的に言うと、以下のような感じです。

  1. 介護転職サイトに登録(3社)
  2. 仕事帰りに転職サイトで転職先を探す&提案とアドバイスを受ける
  3. 一応上司には2ヶ月前に退職の可能性を申し出
  4. 面接の目処が付いたので一ヶ月前に退職の意向を申し出
  5. 退職し面接へ
  6. 正社員採用される

転職には介護職を紹介してくれる介護求人サイトを利用しました。

在職しながらスキマ時間で転職先を探せるので、この手の介護求人サイトは、休みの少ない介護業界においては特に非常に重要な存在だなと感じました。

ハローワークだったらこんなにトントンとは進められなかったとおもいます。

相談から面接に至るまで完全にサポートしていただき、大変助かりました。

また、退職の意向も比較的余裕をもって上司に伝えられたので円満退職できました。

この記事を評価する

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
読み込み中...