介護は施設が合わなければ転職すべき。上司と対立し退職した体験談

私は2003年に老人ホームに就職し、14年間主任として働きましたが、上司と相性が悪く転職することになりました。

今回はその時に思ったことや、転職に至るまでの経緯を書いてみたいと思います。

同じように上司との人間関係で悩んでいる人はぜひご参照下さい。

退職した理由

私は2003年に老人ホームに就職し、14年間主任として働きました。

施設に対しても思い入れがありましたが、14年目になって施設長が交代した事が大きな転機となりました。

その施設長の考えと今まで行ってきた私のやり方はが全く合わなかったのです。

  • 休憩時間のタイミング
  • 掃除の手順や道具の配置
  • 入居者さんとの関わり方や介助方法

その他にも数多くの点で見解の相違があり、ストレスの溜まる辛い日々でした。

半年が過ぎた時に、私はその上司から直接降格を言い渡され、それを機に退職しました。

こんな事で思い入れのある施設を去らねばならない事に愕然とする思いと、これからの不安に押しつぶされそうになった事を覚えています。

転職活動のこと

「次の施設を見つけなくては・・・」

と、介護転職サイトに登録し担当者と相談しながら次の施設を検討しました。

1〜2週間経った頃、とある聞き覚えのある介護施設の紹介を受けました。

初めはわかりませんでしたが‥

なんと、その施設は前の上司が転職した施設だったのです。

これは何かの縁だと思い、サイトを通して14年間育ててくれたお礼と、施設を辞めた経緯を聞いてもらいました。

そして、上司はその施設で介護課長をされていましたので

「君なら即戦力だから是非うちに来て欲しい」

の一言で転職先が決まりました。

しかも、私の能力や技術やキャリアに合った給料形態(移動前とほぼ変わらない金額)でその施設に招いてくれました。

そして今は、役職こそ無いけれど課長直属で介護の仕事をさせていただいています。

転職に対するイメージが変わった

これまでは転職して去っていく仲間たちを見て、

「忍耐力が足りない」

「ここで耐えられなかったのだから次も続かない」

といった事もありました。

ですが、自身の転職を通して介護業界の転職に対して非常にポジティブなイメージを抱くように変わりました。

転職しなければ地獄だったと思う

前施設で課長として働いていた時は施設長からの評価はどん底でボーナスは底辺でした。

今は平職員として介護をし夜勤や残業や委員会活動を行うことで+αの収入があります。

また、経験値からの評価でしょうがボーナスの金額も大幅に上がり、結果的には2年で年収が30万ほどUPしました。

もし、今回の件で前施設を退職せず留まっていたら、精神的にも待遇的にも地獄の苦しみだったと思います。

心の底から転職して良かったと、今では思っています。

上司は選べないといいますが、良い上司の元へ自分から行く事はできます。

その縁を大切にしたいと思い、自分が育ててきた職員にも同じように今は接するようになり、転職を通して自身の精神的な成長も感じています。

この記事を評価する

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
読み込み中...