地獄の工場勤務から介護の世界に転職。管理人の実体験

私の介護業界に入った理由や経緯、介護業界に入って今現在について話したいと思います。

このサイトの管理人の体験談です。

暗黒の工場勤務時代

私は高校卒業後すぐに工場に勤めました。

長かったです。かれこれ10年程勤めてました。

それはそれで満足していたのですが、工場の業績不振により給料の未払いが続き、我慢の限界が来て退職しました。

今思えば、工場での仕事はもっと早く見限りをつけて転職に踏み出せば良かった。

地獄の転職活動

リーマンショックなどで他の企業も不景気になり、私は職探しに悩んでいました。

正直、工場勤務は精神的にもかなり応えていたので、人間と会話が出来るような仕事への憧れも強く、営業の仕事ばかり探していました。

そして案の定面接に落ちまくる日々‥自分の存在価値も見失いかけていました。

絶望の中、友人の家に遊びに行った時に相談したり話をしていると、友人の母親が私に介護の話をして下さいました。

友人の祖母は介護施設に入居しており、そこで働いている介護士さんは立派だと言う話をして頂きました。

そして、僕の話性格や社交性を褒めていただいた上で、介護やってみない?と介護業界への転職を提案いただいたのです。

暗闇に包まれていた転職活動に、一筋の光が射したように感じました。

介護への興味は膨らんでいった

その後家に帰ってから色々と考えたり、介護について調べました。

頭で考えても何も始まらない、と思い、とりあえずヘルパー2級(現在は介護職員初任者研修が正式名称です)を取得しました。

死ぬ気で勉強しましたよ。

それまで使っていなかった脳みそが沸騰しました笑

資格を武器に、介護の世界へ飛び込んだ

資格は持っていても介護の事は何も分かりませんでした。

とりあえす、知り合いが働いていた介護施設へ面接を申し込みました。

そして、まさかのあっさり合格‥。

介護業界は一般企業より就職しやすいとは聞いていたけど、こんなにあっさりと合格!?

と、その時は天にも昇る思いでしたよ。

ただ、頭の中に「職場、結構適当に決めちゃったけど大丈夫かな‥」という思いが残りました。

もっと選びたい‥選べたはず‥そんな気持ちです。

軽率な男でお恥ずかしい笑

結局、後にこの会社を去ることになりますが、コレがその理由の一つとなりました。

介護の仕事は大変だが人間らしい仕事だった

就職した施設はデイケアサービスで、リハビリを受けられるデイサービスでした。

初日から今までにないくらい緊張しましたね。

初日から、デイケアなのでリハビリの時間まで体操したり、入浴したりとやる事いっぱいでした。

幸いにも人間関係には恵まれ、先輩から介護の事やご利用されている方の接し方など、工場時代には考えなかったようなコミュニケーションの作法を学びました。

帰り際、始めてご利用者さんから声をかけていただきました。

「若いのに年寄りの面倒を見る仕事をするなんて偉いねー初めてでしょ?介護の仕事は」

僕は頭が真っ白になりましたが、始めてですと応えました。

「分からない事だらけで大変だったかもしれないけど、言葉遣いが丁寧だし、優しいからこの仕事に向いてるんじゃないかしら。

私は今日1日あなたがどんな人か見てたわ。

大変なのは最初だけだから長く続けなさい。」

と、このような優しい言葉をいただいたのです。

帰ってから嬉しさのあまり泣いたのを覚えています。

工場時代には無かった、人間らしい仕事がここにはある。

そう感じた瞬間でした。

介護の仕事は本当に天職だった。しかし‥

慌ただしい初日を超えてから、仕事を一生懸命覚えていきました。

ご利用されてる方々に名前を覚えて頂きたくさん話をするようになり、ますますこの仕事の楽しさを実感する日々でした。

一緒に泣いたり、笑ったり。

しかし‥待遇面には不満がありました。

デイケア給料安すぎ(15万)問題直撃

今回は、SU転職後の給料面や待遇などのお話を中心に書いていきたいと思います。

前回の記事でも書きましたが、僕はまずデイケアサービスで正社員として働いていました。

仕事内容はやりがいがあり、とても充実していたので良かったのですが‥給料はかなり低かったです。

知らずに入った自分が悪いんですが、デイサービスは日勤のみですので他の職種と比べますとかなり低いんですね。

しかも、入社したのは個人経営のデイサービスだったので残業手当ナシが当たり前。

残業手当ナシ。

手当は通勤手当(微々たるもの)、職務手当少々。

業務も送迎や入浴介助など施設によっては手当をもらえる所もあるみたいですが、私のところはナシ。

休みは週一回半日休みと日曜、祝日とお盆や正月といった大型連休のみ。

で、手取りは15万位でした。

‥少ないですよね明らかに!!

昇給も望めない状況

私は4年程勤め、リーダーになりましたが、特にリーダーだからといってリーダー手当等があるわけでもないですし、基本給が上がるわけでもありませんでした。

介護福祉士を取得し、少し基本給がアップしましたが微々たるものでした。

そして、ついに決断することになります。

「このままここで働いていても、時間の無駄だ」

そして意を決して、もう少し基本給や福利厚生や待遇のいいところに転職しようと思い、辞めました。

同じ介護職でも職場によってかなり給料が違うと聞いたので。

転職したらあっさり給料が増えた

次の転職先が見つかるか不安でしたが、求人サイトを使うと、これまで知らなかったたくさんの案件が出てきて驚きました。

また、待遇が良い物だけをピックアップして選べる上、条件も自分の都合に合わせて絞り込めました。

それだけ自分主導で会社を選んだのに、自分の経験を話したらぜひ来て欲しいと言われあっさり転職できました。

就職先はデイではなく、夜勤ありの特養です。

まず、シフト制で休みの希望も何日か決めらるのは大きな魅力でした。

通勤手当も会社規定に応じた額や残業手当、処遇改善手当など色々手厚く手当が頂けます。

2ヶ月目から徐々に夜勤をやり始め夜勤手当も出ました。

ちなみに、利用した求人サイトは「ハートフル介護士」です。

当時は最もメジャーな転職サイトだったように思います。

転職後の初給料は衝撃でした

給与明細を見てビックリ!

まさに衝撃でした。

前職ではほぼ白紙の欄がきっちり入っていて、こんなに貰えるんだと、転職して良かったと本当に感じました。

残業もきちんと残業手当報告用紙に記入して事務所に提出すれば手当が貰えますし、ボーナスも年で4.9ヶ月分もらえるのでかなり高待遇です。

今はリーダー研修を経てリーダーをやっておりますが、リーダー手当もつきます。

それなので前職に比べ10万以上アップし、転職は大成功!

 

こんな風にブログを書く余裕もでき、本当に良かったです。

私は介護アップを作った

そして、この転職成功体験を同業者の方にもっと知って欲しいと思い「介護アップ」という介護転職の情報サイトを作りました。

数多くの仲間や同士達に寄稿していただいた「みんなの介護転職体験」もどんどん充実してきています。

私の体験と、このサイトが皆様の転職活動の役に立てば幸いです。

この記事を評価する

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
読み込み中...