病院介護からデイサービスに転職。高待遇より充実感を求めて

念願だった介護の世界へ

私は、ずっと介護の仕事がしたかった。

理由は簡単である。

お年寄りが好きだからだ。

人の為に尽くすことは、昔から好きで、お年寄りの方と話しをするのも好きである。

介護の世界で働く人の多くは、私と同じような純粋な気持ちで働いている人も多いと思う。

そして、最初の会社である「病院介護」のスタッフとして従事することになる。

後に転職することにはなるが、最初の 会社に入れた時は本当に嬉しく、天にも昇る心地だった。

病院勤務では数を求められた

最初の介護の仕事の就職先は、病院であった。

それも、救急車が来るような大きな病院だ。

実際、病院で介護を受けている利用者は多い。

体の半分が動かない人、自力で排泄することができない人、物を飲み込むことができなくて、食事時に介助が必要な人等、様々である。

業務内容はまさに激務で、休憩も取れない状態。

また、病院の介護の仕事は数をこなすことが求められる

しかし、数をこなす事を求められるものの、割り当てられる人員はかなり少ない。

そんな状態なので入社後はまともな研修も無し。

オムツ交換は基本的な事だけを研修で教わっただけだったので、思った通りにいかず大変だった。

精神的にも異常をきたすほどに、この頃の自分は追い込まれていたのをよく覚えている。

とにかく激務、激務、激務だった。

転職のきっかけ

毎日膨大な数の介護を体験する事で、次第に数がこなせるようになり、スムーズにオムツ交換もできるようになった。

高齢者の方との会話もかなり上手くなったと思う。

会話の中で自然と笑顔が生まれるようになり、介護という仕事の楽しさが分かった。

自分が入社前に思い描いていた高齢者とのふれあい、そういった部分に喜びを感じられる程度には余裕が出来てきた。

人間は地獄のような環境にでも適応できるようにできているのだなと感心する。

そして、次のような思いが湧き上がってきた。

  • 自分の技術をもっと磨きたい
  • もっとゆっくりと会話が楽しめる、余裕のある職場で働きたい
  • 給料が割にあって無いので、増やしたい

自分の実力が付いた頃合いが、介護の世界では転職の良いタイミングなのだろう。

そして転職を決意した。

カッコうけて言うなら、数をこなす介護よりも、質を求めたのである。

デイサービスの世界へ

転職にはネットの介護求人サイトを使い、比較的スムーズに内定も頂けた。

介護求人サイトは無料だったが登録するだけで担当を付けて下さり、転職先の紹介や施設の経営状況、離職率、評判や口コミなどかなり深い情報をご提供いただけたので大変効率的に転職活動を進められた。

ちなみに「介護プラス+」というサービスを利用したが、担当者が合わなかったので「スマイルSUPPORT介護」というサービスと併用する形で上手く就職まで進むことが出来た。

「介護プラス+」が悪かったわけではなく、担当者とは合う合わない色々あるので、転職の際は必ず複数の求人サイトに登録しておいたほうがいいだろう。

スマイルSUPPORT介護

スマイルSUPPORT介護の強み

経験豊富な人材コンサルタントがヒアリングから条件交渉まですべてを完全サポートします。

スマイルSUPPORT介護の基本データ

対応地域全国
介護士の求人数約8万4,000件 ※2018/02
求める資格ヘルパー2級以上 / 介護職員初任者研修 / 実務者研修 / 介護職員基礎研修 介護福祉士 / 社会福祉士 / 介護支援専門員(ケアマネージャー) / 理学療法士 作業療法士 / 言語聴覚士 / 管理栄養士 / はり師 / きゅう師 / あん摩マッサージ指圧師 / 柔道整復師
おすすめ度

おかげさまで、1ヶ月ほど転職活動を行った後、デイサービス施設に正社員として登用された。

質重視の介護ができる環境へ

デイサービスの介護は、素直にやっていて面白いと思えた。

相手の方とコミュニケーションをとれる時間が前職と比べると圧倒的に多いからである。

それに、多くの学びもある。

高齢者の方が大半なので、私よりも年齢が倍近く離れている方と話しをすると、勉強になることがとても多い。

給料に関しては横ばいで、あまり変わらないが、それは承知の上で転職した。

激務から解放された上に、給料が変わらないのだからなんな文句もない。

病院の介護職からデイサービスの介護職に転職したことは、自分にとってメリットしか無かったとすら思う。

転職と言えば給与ばかりに目がいきがちだが、

  • やりがい
  • 余裕
  • 労働環境

こういった所もこだわるべきだと思う。

私の思う転職成功のポイント

転職に成功するポイントは、明確な目的を持つことだと思う。

漫然と「給料を増やしたい」と思うだけではなく、「質を重視したい」「仕事量を減らしたい」と言った要素も検討しながら、多角的に求人案件を絞り込んだ方が希望の職場が見つかるだろう。

また、転職に際しては効率化のために介護求人サイトを利用することをオススメする。

この記事を評価する

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
読み込み中...