【転職体験談】特別養護老人ホームからデイサービスへ転職しました

特養でフロアリーダーとして働いたあと、ある理由から介護業界内の転職をしました。

理由と、転職後の待遇などを書いてみます。

専門学校から特養へ

私は介護の専門学校を卒業して特別養護老人ホーム(特養)に就職しました。

そこで5〜6年ほど勤めましたが今現在はデイサービスにて勤務しています。

 

1からデイサービスの職員としてスタートをし、「特養とデイサービスの違い」「考え方」などの点で慣れるまで時間がかかりましたが、今では転職して良かったと思えるほどやりがいと楽しさを感じています。

 

そのことについて詳しくまとめてみました。

良いところ、悪く感じたところを話していこうと思うので

参考になればと思います。

なぜ転職したのか

転職を決めたのは私の体調に異変が出始めてからでした。

就職した頃は、正社員で介護福祉士としてパートのおばちゃんや

介助方法の違い、学校で習ってきたこととは違う介護の世界にものすごく苦戦しました。

 

それでもめげずにフロアの異動などを得てフロアリーダーを任されるようになりました。

初めて人を指導したり、方向性をまとめたりする役職で気合十分でした。

しかし、

  • ケアプランのモニタリング
  • カンファレンス
  • 書類まとめ

など不慣れな業務も多く、当初自分が思っていた以上に大変でした。

 

夜勤中も休憩をせずに業務にあたったり、

シフト上無理をしないといけないときも率先して

出たりと無茶な仕事をしすぎたのか、

ドクターストップがかかり結局退職しました。

 

ドクターからは「かなりひどい勤務状況だ」というようなお話をされました。

今思えば完全にブラック労働を強いられていた状況でしたが、働いていると自分ではなかなか気が付かないものですね。

精神病になったりヘルニアを発症する人も多いとのことでしたので、そういった状況にならなかったことは良かったです。

 

転職活動のこと

そして再就職先は特に考えていなかったのですが

自己分析の結果デイサービスに適正があることを知り、ハローワークで職場探しを開始しました。

結局ハローハークでは希望の職場に出会えなかったこともあり、ネットの求人サイトを利用して転職先を絞り込みました。

離職率や現職者の口コミ情報なども見れたので、情報的にはハローワークよりかなり濃い情報が集まっており、こういったサービスを活用して良かったなと思います。

おかげさまで無事希望通りの職場へ転職することができました。

 

転職して良かったこと

私はもともと目立ちたがり屋で人を笑かすのが

すごく好きでした。

冗談も言いたいし、基本的に笑っていたいという人だったのですが

特養では介護度が高く意思の疎通が不可能な方から、

認知度からそんなこと言う暇もなかったです。

 

声はかけるのですが、冗談なんて言える雰囲気でもなく

たんたんと介助を行っていました。

 

いまデイサービスではレクリエーションから体操など

人前に立って話すことが殆どになり、

どういうふうに伝えれば認知症の方にも伝わるのだろうと

苦戦はしましたが、今では利用者を笑かして私もエネルギーを

もらっています。

また在宅での生活に関して深く興味をもち

援助内容に盛り込むなど特養で養った知識を有効に活用できていると思います。

 

逆に悪かったこと

特養での知識は役に立つときもありますが、

正直全く役に立たないことも多いです。

デイサービスは在宅で生活している人の支援ということで

この人はどうすると少しでも長い期間自宅で生活できるのだろうと

考えなければいけませんので、特養の考え方は通用しにくいなと感じました。

 

あとしっかりしている利用者が多いので、陰口を言われたり

理不尽なことで怒られたりと言うことが多くなり、

デイサービスの利用者はお客様ですので

「ここには来たくない」と思わせるわけにはいきません。

 

そういうところはすごく納得するまでは時間がかかりました。

この記事を評価する

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
読み込み中...