介護職に疲れたら、燃え尽き症候群かも。原因と対策

真面目な介護士、ケアマネージャーほど「燃え尽き症候群」に陥って退職していってしまう気がします。

あなたが今、退職を考えているのであれば、それは「真面目すぎる」ことが原因なのかもしれません。

今や、介護の業界は「真面目すぎる」と危険かもしれない、という話をしてみたいと思います。

真面目な人ほど介護職をやめたがる理由

なぜ真面目な介護士・ケアマネージャーほど退職してしまうのでしょうか?

真面目な介護士の特徴として、「より良い質のサービスを提供したい」と考えているでしょう。

「その人らしい、そのひとが望む生活その人が望む自分らしい生活というのを目標にあげて導いていきたい」

そんな素晴らしい志を持っているのではないでしょうか?

これは素晴らしいことで、私も介護士・ケアマネージャーの使命とは、単にその人にとって最低限の生活に戻せば良いというものではなくて、プラスαのサービスを提供することで、期待された以上の充実した生活が実現できるように、しっかり考えて実践していく事だと思います。

しかし、現実はどうでしょうか。

昨今の猛烈な人材不足の影響を受けて、利用者のニーズに答えるのがやっと..という状態になっていませんか?

一般的な介護業務と膨大な書類作成に追われているのではないでしょうか。

サービスを最大化させたくても時間は限られているため、無理をして特定の利用者と深くコミットすると、その他の最低限の業務(食事入浴排泄と一体日常的な業務)に支障が出てくるようになります。

「その人らしい生活」を実現させたいにに、できないという現実。

真面目な介護職ほどそういった矛盾に燃え尽きてしまうわけです。(バーンアウト)

燃え尽きないために大切なこと

昨今の人材不足問題の慢性化を考えると、我々介護士も働き方・考え方を変えていかなくてはいけないのだと思います。

真面目な方ほど反感を持ってしまうかもしれませんが、時間が足りないなら足りないなりに、効率よく立ち回る技術を身に着けましょう。

自らの精神力をバーンアウトさせないために、利用者が「最低限で困りはしないというレベル」の生活を実現できるところまでは、テキパキとこなしていくのです。

それ以上のプラスアルファは、よほど余裕が無い限りは諦めるということです。残念ながら、今後の介護業界で生き残っていくにはこういった考え方が必要でしょう。

 

やむをえない事とは言え、このままでは介護の質は向上していかないことは自明です。

長期的に見たら利用者離れやクレームの累積など、企業にとって大きな損失を生んでしまう可能性もあります。

施設を運営する管理者や職員は、こういったバーンアウトのリスクも考慮しつつ「介護の質を上げるには人員を増やす」という考えを常に持ち、職場環境の改善に務めるべきでしょう。

この記事を評価する

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
読み込み中...