【認知症介護】トロミの上手な付け方・コツ

こんにちは、認知症介護のフロアで介護サービスに従事している者です。

今回は飲み込む力が弱い方に不可欠な「トロミ」の付け方やコツについてお話します。

ぜひ、ご参考にどうぞ。

トロミ付けに使うもの、トロミを付けるもの

飲み込む力が弱い人への水分は状態に合わせてトロミの強さを調整し、付けていきます。

この時、片栗粉などは使わず「トロミ専用の粉」を利用するようにします。

専用の粉であれば、味が変わりにくくなる上、滑りの良いトロミ状にすることができますよ。

これを使って、

    • お茶
    • コーヒー
    • 味噌汁

これら全てあんかけ状態にします。

この状態が飲みやすいらしいです。

専用の粉があるとはいえ、トロミをつけるのはコツが要ります。

もはや餅になるんじゃないかってくらいトロミつけようと思うと、熟練のテクニックが必要になりますね。

ポイントは「いかにダマにならずになめらかにつけるか」ということ。

麻婆豆腐作る時、片栗粉多すぎたり混ぜるの遅かったりして失敗したことありませんか?

まさにお茶のコップのなかでそうならないための戦いが繰り広げられるんです!

トロミの付け方・コツ

トロミの付け方ですが、まずは先にトロミの粉を必要な量だけ入れて、後からお茶などを入れるのが一番ベーシックです。

介護師として働き始めた当初、私もそう習いました。

しかし、試行錯誤を繰り返した結果1番よかった方法はちょっと違います。

まずはお茶をカップに先に入れ、その後お茶をマドラーで混ぜてください。

混ぜながらコップの中で水分が流れている状態でトロミをイッキに投入!

こうすると、中で上手くトロミの粉がダマ無く撹拌され、均一にトロミが付きます。

まだ試したことが無い方は、ぜひマネしてみてください!

これが1番トロミが上手くつく方法でした。

本記事が介護を行う皆様の一助になりましたら幸いです。

この記事を評価する

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
読み込み中...