多忙な介護施設にいる働かない上司にウンザリ!給料泥棒ですか?

私は、6年間介護福祉士として、介護施設で勤務していました。

仕事内容は、主に食事介助、排泄介助、入浴介助が基本となります。

その他にも、レクリエーションや環境整備や掃除、記録、モニタリングなど、介護福祉士にはやることがいっぱいあります。

近年、高齢者や認知症の人の増加に伴い、施設も常に満床状態。

入所の順番待ちをしている人も途切れません。

もちろん、施設職員も足りていない状況で、毎日バタバタで嵐のように過ぎていきます。

今回は、そんな環境に鎮座する「仕事をしない上司」の話を書いてみたいと思います。

仕事をしない上司のこと

前述のように多忙を極める介護施設で働く私。

しかし、そのような状況にも関わらず、うちの上司はやばいのです。

何がやばいかというと、仕事をしないのです。

自由気ままに利用者と過ごす上司

利用者と一緒に、テレビを見たり、キッチンの陰でお菓子を食べたりコーヒーを飲んだりしているのです。

忙しく、バタバタしている他職員のことなんか関係なく、自由気ままに過ごしているのです。

まぁ、本当に利用者に寄り添って、利用者優先で過ごしているのなら、まだ良いのですが、

上司は利用者に命令したり、肩もみをさせたり、利用者が見ているテレビのチャンネルを平気で自分好みのチャンネルに変えるのです。

一体何様なんでしょうか..?

利用者からは苦情がきていますが、上司にとっては全くお構いなし。

本当に、仕事をしに来ているのか?遊びに来ているの?ここは、家じゃないよ!って、言いたくなるようなありさま。

職員には厳しく、自分に甘く。

自分はのんびり過ごしているわりには、仕事がなかなか終わらない私たち職員に怒ります。

仕事はまだ終わらないのか!

と、これまた自分が早く家に帰りたいからか、時間にはとにかくシビアに注意してきます。

同僚からの評判もかなり悪いですね..。

他の上司に注意される事もあるようですが、対応が慣れているのか、軽く受け流しており、一向に改善しません。

私たち、平社員からしたら、本当にいなくて良い存在です。

※上司がいない分、誰か代わりに働いてくれる人を入れてほしいのです。

衝撃の独自ルールに唖然

そんな上司も、さずがに働いた方がいいと思ったのか?

ある忙しい日、私が担当している利用者一人のトイレ介助を手伝ってくれました。

なんだか嬉しくなりましたが、その矢先、上司の放ったある一言が忘れられません。

上司「はい。仕事終わりね。

私は一日一回しか働かないって決めてるから」

私「。。。!?」

周りの職員の動揺した顔も忘れられません。

何?そのルールは?って、思わずイラっとしました。

そんなに仕事したくないなら辞めたらいいのに、上司という立場を利用して、ずるいことばかりしている上司が許せません。

部署異動になっても変わらない上司

そんな上司があるとき、経営をゆるがすほどの大問題を起こし、部署が異動になりました笑。(詳しくは書けませんが。。流血沙汰の出来事が.)

新しい部署では、始めは少し動いてくれていたようですが、結局今は、相変わらず働かない日々が続いているようです。

手抜きやずるいこともちょこちょこしているようです。

そんな上司の方が、高い給料をもらっているなんて、許せません!

人間性というのはそう簡単に変わらないのでしょうね。。!

 

今の職場の将来性についても不安が募る昨今です。

この記事を評価する

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
読み込み中...