自己中な利用者とパワハラご家族に苦しむ介護士です。カスタマーハラスメント体験談

はじめまして!介護の現場は肉体的にきつかったり、介助や業務が大変だという声も多く見られますよね。

もちろん筆者も現役の介護士として働いているので、その気持ち、すごく良くわかります。

しかしそれとは別に少し視点を変えて、

今回は介護現場で出会った恐怖のクレーマーをいくつかご紹介していきたいと思います。

時間に厳しいAさんのこと

「自分の思い通りにならないと気が済まない!」と題しまして…。

これは、私が職場を変えてから初めて見るタイプの利用者様だったので
今でも記憶に鮮明に残っています。(この場ではAさんとします)

Aさんは身体能力はほぼ自立、認知症も見られない方でしたが、

足が弱く普段は車いすの自走といった程度であり、デイサービスを利用しております

忙しい介護現場ですと5分や10分程度の時間はあっと過ぎますが、

この方は特に時間に厳しく、送迎やお風呂のタイミングが1分でも過ぎると、

「なんで?時間決まってるでしょ?ちゃんとやってよ」等と言ってみたり、

お風呂の際には自分の中でルールがあるらしく、指定した場所にシャンプー類や足ふきマットを置かないと更に機嫌を悪くされます。

(おかげで筆者はベテランスタッフがセットしたお風呂場を撮影して覚える羽目に・・)

また、ご飯の際にも少しでも味付けなどが自分の好みと違うと毎回、

厨房のスタッフさんに「今日は〇〇の味が薄かったよ」

「少し質素すぎるんじゃない?」

と、毎回クレームを入れてます。

机や椅子を動かしてしまうAさん

Aさんはお泊りデイも使用することがあるのですが、

その度にフロアーの机や椅子を自分で動かしてしまいます!

その方は自立ということもあり、朝早くにフロアーに出られるのですが、その際に車椅子で自席につくまでのルートの椅子や机を思い切りどかして、自分だけが広々と使うようにしてしまうのです。(当然、そのスペースは初めから用意しているのですが、それでは満足できないよう)

そのため、他の利用者さんの座席や通るルートが狭くなるため、毎回それを直してます。

正直、始めてみるタイプのご利用者様でした。

もう一つ ご家族様クレーマーの話

「えっ!こんなところまで?」と題しまして…

次に紹介するのはご家族様のクレーマーです。

送迎の際に、お家まで迎えに行くのですが、利用者様が屋内で車いすに乗れば、車いすから送迎用の車に乗るには10秒もかかりません。

その日は濡れるのもわからないほどの、少しだけ霧状の雨が降っていたのですが、当時のスタッフさんがカッパを着せずそのまま車の中に誘導したそうです。

そうしたら、あるご家族からクレームの嵐が始まりました。

「なんでそんな雑に扱うの?」

「濡れて風邪ひいたらどうするの?」

などと質問攻め。

利用者様はウエイトが大きく、足腰も非常に弱いため、雨や風が強い日には、念のためにスタッフ二人で送迎を行うときもあるのですが、その時には

「あなたたち介護のプロなんでしょ?」

「なんで二人掛りでやってるの?」

等と言ってきたりもします。

プロだからこそ安全第一なのですが、そのご家族様にはわかってくれないようでした。

こちらのご家族には現在進行系で悩まされる日々です..。

 

介護士のみなさん、みなさんの職場にも困った利用者さんいますか!?

辛いこともありますが、お互い健康第一で頑張りましょうね!

この記事を評価する

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
読み込み中...