介護福祉士に若い女を出せと騒ぐ入居者。虐待通報すると脅され…

これは私が特別養護老人ホームで介護職員として勤務して3年目の時に遭遇した利用者とご家族からのクレームです。

Tさんという男性利用者は認知症がある以外は比較的軽度で食事も排泄も自分で出来る方でしたが、とある問題がありました。

Tさんは、介助する女性職員が若いか若くないかで態度が一変するのです…

40代の職員を威圧するTさん

若い職員では手伝いもしてくれて協力的ですが若くない大体40代以降の職員に対しては睨みつけたり、わざと食器を落としたりトイレを詰まらせたりしていました。

まぁ、男性の方にはよくあることなので(!?)そこまで気にしていませんでしたが…

とある日、Tさんからクレームが入りました。

若い職員に変えろ!

施設では月に一度10人程度のグループに分かれて外出を行うのですが…

Tさんのグループを担当する職員が(Tさんが言う所の)若くない職員だったため、それを直ぐに変えろと言う内容でした。

ただ当施設も潤沢に職員がいるわけでは無く、他のグループの兼ね合いもあるため、職員の変更は困難でありそれは無理であることを話すと怒り出し

「電話を貸せ」

と言われ電話でご家族に連絡しだします。

家族登場

それから数時間後。

Tさんのご家族が来所されました。

流石にご家族の方であれば事情を話せば理解してもらえるだろうと思っていたのですが、(普段のTさんの様子は定期的にお伝えしており若い職員を好むのを知っていたため)

それは大間違いでした。

事情話聞いたご家族から放たれた第一声は

「じゃあ変えてください」

でした。

クレーマー気質は遺伝するのか

無理なの事を再度説明するも「本人が望んでいないことをさせるのは虐待ではないのですか?」

「虐待通報しますよ」

と脅迫めいた事を言われました。

しまいには普段の生活においても「若い職員だけに介助させろ」

「ババアはいらん」

と言われる始末。

それからTさんとなにやら相談し、若い職員の中でも誰が良いのかを選び名指しで指定してきました。

施設長vs.Tさん

最終的に施設長が出てきて対応することに。

他のご利用者様も要るのでそんな勝手は出来ないと話すも、結局Tさんは納得せず話は平行線となりました。

「絶対に若い娘にしろ!」

…どんだけメンタル強いんだと思いました。

家族から虐待通報されてしまう

外出はTさんだけ行かない事となったのですが、後日、市役所の方が来られて虐待通報があったと報告がありました。

通報はTさんのご家族から。

どうせ、あることない事言って困らせようとしているのだろう…と思いきや、まさかの本当のことだけを虐待通報として役所に伝えたようです。

「一応通報されたもので…」

と、市役所の方も困惑されていました。

ただのわがままで虐待ではない事は承知しているが、通報された以上何もしないわけにもいかなかったそうです。

話は1分ほどで虐待ではないという事で終わりました。

退所勧告を出す事に

その後もTさんやご家族から同様のクレームが続きました。

職員の中には介助をしたくないと言う方まで出てきたためTさんに対し退所勧告を出したところ、少し揉めましたが虐待通報しても意味が無いと分かっていたためか「他にもっといい施設に行ってやる」

と言われ退所されました。

その後風のうわさで他の施設でも同様の問題を繰り返し退所を繰り返しているそうです。

この記事を評価する

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
読み込み中...