介護で腰痛・ヘルニアになった時の対処法。介護を辞めず解決

現職の介護士ですが、腰と首のヘルニアになってしまいました。

介護という仕事を辞めることなく、今でも継続できているのは何故か、また気をつけなくてはいけないポイントは何かについて書いてみたいと思います。

介護に腰痛は付き物です

介護の世界では腰のトラブルが付き物ですよね。

  • 車いす介助
  • 風呂介助
  • 臥床介助
  • 体位交換介助

などなど、一般的な介護業務のほぼ全てが腰にダメージを蓄積させてしまいます。

普通の腰痛ならまだしも、腰の病気には椎間板ヘルニアと呼ばれる神経を圧迫する病気もあります。

これは要経過観察では治癒できません、手術をともなう病気になります。

私も実はこの病気にかかりました。

腰だけで済めばよかったのですが、首もヘルニアになってしまいました‥。

が、それでも業務は毎日こなさなければいけないのが介護業界。

今回は、

「腰が痛いけど業務は外せない」

「腰のせいで介護を辞めたくない」

という方に向けて、介護を続けながら乗り切る対処法と解決法をご紹介します。

休養せざるを得ないケース

病気によっては休まざるを得ない場合もあるので、まずはその点について書きます。

程度が重度の場合、あるいはヘルニアになった場合は休養が必要です。

介護業務中に腰に激痛が走った時が「ヘルニア」のサイン。

ヘルニアが悪化すると直立の姿勢が取れなくなり介護どころではなくなるので、そうならないうちにまず整形外科に通院してください。

これは、早退してでも行くべきです。

経験者だから言えるのですが、ヘルニアは時間ごとに徐々に悪化をし、痛みは日増しに酷くなります。

「大丈夫」

その一言がら治療の遅延を招きます。

時間がなく治療ができないという場合は、出来るだけ身体介護を避け、腰への負担ぎ最小限になるよう配慮しましょう。

その他、腰を起点とした介護は避けるべきです。

まず、上長に速やかに相談を行い、身体介護以外の教務について腰の負担を避けましょう。

ヘルニアであるにも関わらず

  • 休んではいけない
  • 早退は許さない
  • 身体介護を強制

といった対応をとる施設はかなり問題ありますので、退職、えるいは転職も視野に入れた方が身体の為です。

介護を辞めずに解決する方法

腰痛はあるものの、ヘルニアを発症しているわけではない、という場合は以下のような方法で腰の負担を軽減し、解決していきましょう。

  1. 身体介護以外の介護業務を担当する
  2. 腰に負担のかからない介助姿勢を取る
  3. 仲間の助けを求める
  4. 手先だけの介助技術を行わない
  5. 全身で力の受け身を取る介助技術を取る

技術的に腰に負担がかからないよう環境を変えることができれば、腰痛のせいで介護職を辞めて他業種に転職をしなくても解決方法できます。

まず、自分の介助技術は腰に負担のかかるものなのかと自問自答してみましょう。

そうすると、腰の位置、足の幅、手の高さが意識的に下がったり上がったり、場面に応じた介助技術が取れるようになりますので、自分の解決やスキルアップにもなるかと思います。

私は施設を変えて解決した

私はかつてヘルニアを患って大変な思いをしました。

しかし、今も介護職を続けられているのは、前述の6つの方法を許容してくれる施設へと転職したからです。

転職前の施設では私の腰の状態など全く考慮せずハードな仕事をたくさん任せられました。

結果としてどんどんと症状が悪くなっていき、痛みは日増しに強くなりました。

再三上長に休養したいと申し出ましたが却下されたため、そこで退職を決意。

ヘルニアの手術をして、一ヶ月入院の後に転職活動を再開し、今の施設にたどり着きました。

ハローワークには行けなかったのでネットの介護転職サイトに登録して職場を紹介してもらいました。

介護転職サイトの担当者に正直に自分の体のことを話したところ、親身になって聞いてくれました。

そして、そういったハンデを持っていても採用してくれる大手の介護施設を紹介していただけたので、今は腰への負担が最小限に抑えらた環境で働くことができています。

まとめ

まとめると、腰痛、ヘルニア発症時の対処法は以下のようになります。

ヘルニアの場合

  1. 整形外科にかかる
  2. 長期間の休養をもらう
  3. ヘルニアは完全に治ることはないので、病状を上長に伝え環境を整えてもらう

環境を変えてくれない場合や、休めない場合は一度退職してからしっかりと休み、介護転職サイトなどを使って在宅で転職活動を進めながら休養します。

無理な環境で業務を強行する事は避けてください。

ヘルニアではない場合

  1. ヘルニアを発症していないか検査する
  2. 身体介護以外の介護業務を担当する
  3. 腰に負担のかからない介助姿勢を取る
  4. 仲間の助けを求める
  5. 手先だけの介助技術を行わない
  6. 全身で力の受け身を取る介助技術を取る

環境を変えてもらえない場合は転職も視野に入れましょう。

介護転職の介護転職サイトを使えば、こういった事情も考慮して転職先を紹介してくれるので、積極的に利用してください。

さいごに 〜身体は宝物〜

介護業務を行う上で一番大事にしないといけないことはどのような事でしょうか。

  • 利用者のこと
  • 介護技術
  • 連携
  • 職場の雰囲気

などなど‥

介護従事者にこの質問をぶつけると多種多様な答えが色々返ってきます。

しかし、そんな中でも見落とされがちなことがあります、

それは、「自分の健康」です。

  1. 健康でなければ勤務ができません。
  2. 健康でなければ介護ができません。
  3. 丈夫でなければ介護技術が発揮されません。

「腰」のトラブルが特に多い介護業界。

身体は一つしかない宝物です。

 

目先の仕事で無理するより、人生をどう生きるのか‥と長いスパンで考えることが大切だと思います。

 

本記事が腰痛に悩む皆様の参考になりましたら幸いです。

この記事を評価する

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
読み込み中...